マウスとキーボード

表面化し難い会計業務の負担を経理代行サービスで軽減しよう!

ペンを持つ手と真っ黒な背景

規模が小さな会社の場合、経理担当が仕訳伝票の起票や領収書の経費処理などある程度まとめて行うことができます。しかし、会社が大きくなるほど各部門での会計処理が必要となり、近年では簿記などの会計知識のない社員が会計処理を行うことになり、労務時間の増加さらには業務効率の悪化を招いてしまいます。そこでおすすめなのが、経理代行を行う会社の記帳代行サービスです。
記帳代行サービスは、入力作業を重点的に行い、仕訳伝票の発行数量に応じて利用料金が変化します。これまで、各部門の庶務担当が2時間や3時間を掛け1万円近い労務費用が掛かっていた場合なら、5千円以下の費用に抑えることができます。空いた時間は本来の業務に専念できるほか、庶務担当が退職してしまい人材確保に悩んでいる場合でも他の社員に負担を与えることがなくなります。
また、経理代行サービスは記帳代行サービスのほか、請求書発行や給与計算、年末調整や法人税申告など経理に関わる業務を全てアウトソーシングできるだけでなく、スポットでの依頼も可能です。業務負荷が増大する時期に人材不足によるパワー不足を補いたいという差には経理代行サービスの導入がおすすめです。本業に専念できるため、人材という限られた経営資源を有効活用することができます。

月次決算にも対応可能な経理代行の出張サポート!

経理代行を利用することで、記帳代行により手間のかかる伝票処理も負荷が軽減されます。しかし、記帳代行サービスの問題として、証憑書類を提出し日数を要することです。毎月のように月次決算を行う会社にとって、経理代行サービスの導入は決算業務の遅れの心配があり、なかなか踏み切れないものです。
しかし、経理代行サービスには出張サポートがあり、経理のプロが会社に駆けつけて記帳代行を行ってくれます。月次決算のように、月末に作業が集中する場合でも社内で経理システムを利用して入力してくれるため、経理部門にとっては会計処理が正しく行われているか集計する業務や、税務に専念することができます。また、関係部門においては、月末に作業負荷が集中することをアウトソーシングすることができるため、本来の業務が停滞する問題を解決することができます。
経理代行の出張サポートは必要なときに必要な日数、そして人数を依頼することができ決算業務の短縮にも繋がります。また、会計処理を担当する社員が長期休養に入った、もしくは退職してしまったという場合でも、出張サポートの場合は他の社員に業務教育を行うといったこともなくなるため、業務効率の悪化を防ぐことができます。出張サポートは時間あたりでの依頼ができるため、パワー不足を感じている際にもおすすめです。

経理代行サービス導入で信頼できるプロに記帳してもらおう

会社では日々、様々な金額のお金の出入りがあり、それを丹念に記録することで、会社の経営状態を判断する資料が作られます。この資料はまた、決算期に会社の納税額を決定するために使われるものなので、作業は正確に、かつタイムリーに行う必要があります。
社内に簿記ならびに会計ソフトの扱いに精通した経理担当者がいない場合、この重要な仕事を、他の業務が本業のスタッフが兼務している場合が少なくありません。しかし、もともと処理量が多い作業を兼務で実施している以上、記帳の内容が正確かどうか確信が持てず、不安に思っている経営者の方も多いのではないでしょうか。
そんな場合は、経理代行サービスを導入して、業者に記帳代行をお願いすることをおすすめします。経理代行サービスというのは、最近、会社の合理的な経営のために幅広く活用されているアウトソーシングの一つで、経理に関連した様々な業務を受託してくれるサービスです。経理代行業務を専門に行うプロ集団なので、記帳代行も、正確さはもとより、決算期が迫っている時の急ぎ対応も可能と、会社にとってはとても助かる内容のサポートを提供してくれています。更に嬉しいことに、利用料金は、経理担当者に支払う給料に比べたら、格段に安いです。わずかな資金の投入で、確実かつスピーディに記帳代行をしてもらえる経理代行サービス、是非導入して、経理業務に関する不安を払拭してしまいましょう。


信頼できるプロに記帳代行を任せましょう。記帳代行・経理代行業者の【ライト・コミュニケーションズ】は豊富な実績があるのでしっかりビジネスをサポートしてくれますよ。

ピックアップコンテンツ

最新の情報

Top